コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛童子 こんごうどうじ Kaṇi-krodha

5件 の用語解説(金剛童子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛童子
こんごうどうじ
Kaṇi-krodha

西方無量寿仏の化身といわれる忿怒の童子形をした仏教守護神胎蔵界曼荼羅金剛手院に置かれ,金剛杵を持っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんごう‐どうじ〔コンガウ‐〕【金剛童子】

《〈梵〉Kaṇikrodha; Vajra-kumāraの訳》密教の護法神。童形で怒りの相を表し、二臂(にひ)・六臂があり、二臂のものは左手に三鈷杵(さんこしょ)を持つ。阿弥陀仏の化身ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうどうじ【金剛童子】

サンスクリット名はカニ・クローダKani‐Krodhaといい,無量寿仏あるいは金剛薩埵(さつた)の化身とされる。金剛童子法は調伏や息災を祈る密教の修法である。金剛童子を単独で説いた経典は,金剛智訳と不空訳の2種があり,前者には黄色身の二臂(にひ)像,後者には青色身の六臂像が述べられている。これらは黄童子,青童子ともいわれ,黄童子は主として台密において,青童子は主として東密において用いられると伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんごうどうじ【金剛童子】

〘仏〙 忿怒ふんぬの相をした二手または六手の童子。金剛杵しよの力を神格化したもの。胎蔵界曼荼羅の金剛手院に位置する。阿弥陀仏の化身とも、また烏芻沙摩うすさま明王と本体を同じにするともいわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金剛童子
こんごうどうじ

金剛杵(しょ)に秘められた威力を影像化した金剛部の忿怒(ふんぬ)形の童子。サンスクリット語ではバジラクマーラVajra-kumraあるいはカニクローダKai-krodhaという。阿弥陀(あみだ)仏の化身(けしん)といわれ、形像は蔵王権現(ざおうごんげん)に似る。二臂(ひ)または六臂像。二臂像は天台宗の園城寺(おんじょうじ)(三井寺(みいでら)、大津市)所伝といい黄童子で、左足を高くあげ、空中を踏み(丁字立(ていじだて))、両手を大きく開く。とくに左手に三鈷杵(さんこしょ)を持ち、右足は青蓮華(れんげ)座を踏む。六臂像は東密系で青童子という。二臂像は園城寺に作例が、六臂像は醍醐寺(だいごじ)(京都市)に信海筆の白描図像が伝存する。[真鍋俊照]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金剛童子の関連キーワード阿弥陀経サンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学サンスクリーンクリーム古典サンスクリット古典サンスクリット文学サンスクリット化《サンスクリット大辞典》《サンスクリット文法》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone