コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖尊法親王 しょうそんほうしんのう

1件 の用語解説(聖尊法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖尊法親王 しょうそんほうしんのう

1304-1370 鎌倉-南北朝時代,後二条天皇の皇子。
嘉元(かげん)2年生まれ。母は権大納言局(ごんだいなごんのつぼね)。真言宗醍醐(だいご)寺の聖雲(しょううん)法親王について出家,文保(ぶんぽ)2年同寺座主(ざす)となる。元徳元年賢助に灌頂(かんじょう)をうけた。遍智院宮とよばれた。応安3=建徳元年9月27日死去。67歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聖尊法親王の関連キーワード応安合賛汗順帝建徳兪良甫中央卸売市場イルハン国ガザン汗饗宴武甲山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone