コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖尊法親王 しょうそんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖尊法親王 しょうそんほうしんのう

1304-1370 鎌倉-南北朝時代,後二条天皇の皇子。
嘉元(かげん)2年生まれ。母は権大納言局(ごんだいなごんのつぼね)。真言宗醍醐(だいご)寺の聖雲(しょううん)法親王について出家,文保(ぶんぽ)2年同寺座主(ざす)となる。元徳元年賢助に灌頂(かんじょう)をうけた。遍智院宮とよばれた。応安3=建徳元年9月27日死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

聖尊法親王の関連キーワード栄子内親王南北朝時代後二条天皇嘉元

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android