コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖尊法親王 しょうそんほうしんのう

1件 の用語解説(聖尊法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖尊法親王 しょうそんほうしんのう

1304-1370 鎌倉-南北朝時代,後二条天皇の皇子。
嘉元(かげん)2年生まれ。母は権大納言局(ごんだいなごんのつぼね)。真言宗醍醐(だいご)寺の聖雲(しょううん)法親王について出家,文保(ぶんぽ)2年同寺座主(ざす)となる。元徳元年賢助に灌頂(かんじょう)をうけた。遍智院宮とよばれた。応安3=建徳元年9月27日死去。67歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

聖尊法親王の関連キーワード世尊寺伊俊持明院統大覚寺統南北朝時代北朝魏晋南北朝時代正平吉野朝時代三条実忠浄耀

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone