コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖帝造(り) ショウテイヅクリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖帝造
しょうていづくり

神社本殿の建築形式の一つ。「しょうたいづくり」あるいは日吉(ひえ)造ともいう。正面と側面に庇(ひさし)の回る平面形式で、背面から見ると、屋根が兜(かぶと)の鉢のように見えるのでこの名があり、日吉(山王)神社関係の社殿のみがこの形式をとっている。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

聖帝造(り)の関連キーワード日吉造り日吉造

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android