聖書之研究(読み)せいしょのけんきゅう

世界大百科事典 第2版の解説

せいしょのけんきゅう【聖書之研究】

内村鑑三主筆の月刊雑誌(1900‐30)。内村の強烈な個性と思想がその聖書講義,論説,随筆,日記に反映している。他の執筆者の論稿もときどきあるが,その採否は彼の厳密な判断で決定された。一時《新希望》と改題したが,すぐ旧題に復した。彼は全国の読者と交流をもち,やがて各地に読者相互の交流も生まれ,これが地方の無教会発生の契機となった。彼の遺志により,357号で終刊。無教会主義【土肥 昭夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android