コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無教会主義 むきょうかいしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無教会主義
むきょうかいしゅぎ

明治・大正期のプロテスタントキリスト教思想家内村鑑三が唱道,実践した信仰の立場とその運動。福音の理解は聖書そのものの正しい研究によってのみ得られるとし,また福音の本義は律法によるのではなく,キリストの恩恵と信仰のみによる救いにあるとした。日本固有の使命を認め,海外の教会からはもとより,あらゆる支援を退け,独立自主を主張,日本における既存教会の教会主義を批判,聖書的教会 (エクレシア) は認めながらも現状ではそのような教会はないとして無教会主義を唱えた。門下から俊英が輩出し,特に第2次世界大戦後,南原繁,矢内原忠雄らが出て,その思想界における影響力を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むきょうかいしゅぎ【無教会主義】

内村鑑三によって始められ,弟子の塚本虎二,矢内原忠雄,黒崎幸吉らの活動によって定着したとみられる日本独自のキリスト教。無教会の最初の主張は《基督信徒の慰め》(1893)に現れるが,これは〈不敬事件〉のあとのもので,国家権力からの自由を求めるピューリタニズムの思想が背後にあるとみられる。この主張は同時に,宣教師と牧師の少ない当時にあって制度的教会に頼らない生き方を教え,日本人の伝統的感情に迎えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むきょうかいしゅぎ【無教会主義】

内村鑑三によって唱えられた日本独自のキリスト教のあり方。制度化された教会とその聖礼典を批判、聖書と信仰のみを重視する。塚本虎二・矢内原忠雄・黒崎幸吉・藤井武らが継承。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無教会主義
むきょうかいしゅぎ

内村鑑三(うちむらかんぞう)の主張したキリスト教のあり方。内村は、札幌農学校在学中から、宣教師による教派主義の弊害を知り、札幌に独立の教会を設立した。その後、フレンド派のキリスト教の影響、強い独立精神、ナショナリズム、教会との関係などから、積極的に無教会主義を表明することになる。「無教会」ということばは、1893年(明治26)に刊行された『基督(キリスト)信徒の慰(なぐさめ)』の「第3章 基督教会に捨てられし時」にみいだされ、1901年(明治34)には雑誌『無教会』を創刊して、そこで「無教会」を「教会の無い者の教会」(第1号)と述べている。また同誌の第3号において「無教会主義」の語も初めて用いられている。内村によれば、教会の建物はもちろん、教師の資格も洗礼や聖餐(せいさん)などの儀礼も、キリスト教に不可欠のものでない。しかし、教会やその儀式・制度をすべて否定するのではなく、のちには「無教会は進んで有教会となるべきである」とも記している。内村は、聖書講義と伝道誌の発行を中心として、その無教会主義のキリスト教を存続させたが、その没後も、無教会主義をめぐる神学的解釈には若干相違があったとしても、ほぼ同じような方法で多くの集会が日本各地で続けられている。[鈴木範久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の無教会主義の言及

【内村鑑三】より

…日本のキリスト教界を代表する一人。無教会主義の創始者。高崎藩士内村宜之の長男として江戸に生まれ,有馬英学校その他に学んだのち札幌農学校(現,北海道大学)2期生となる(1877)。…

※「無教会主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無教会主義の関連情報