コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖職者留保地 せいしょくしゃりゅうほちClergy Reserves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖職者留保地
せいしょくしゃりゅうほち
Clergy Reserves

19世紀のカナダにおいて,イギリス国教会のために留保された土地。その存在はカナダ政界の論議の的であった。発端は 1791年のカナダ法が,土地付与の場合,その7分の1をイギリス国教会の維持のため聖職者留保地とすると定めたところにあり,早くも 1810年代から他の宗派が同様の処置を求め,次いでその廃止が叫ばれるにいたった。 40年イギリス政府は新しい留保地の創出を禁じ,留保地を売却した場合,その収入をローマ・カトリック教会を含む諸宗派の間で分割することを命じるが,それでも攻撃はやまず,54年聖職者留保地は莫大なる支払いと引替えに廃止されることになって,この問題は終息するにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

聖職者留保地の関連キーワード連合カナダ植民地クリア・グリットライアソン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android