コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聚楽物語 じゅらくものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

じゅらくものがたり【聚楽物語】

仮名草子。作者不明。寛永年間(1624‐44)の刊行。3巻。古活字版と整版とがある。1595年(文禄4)の豊臣秀吉の甥秀次の謀反事件をあつかった小説で,秀吉の九州への発向から,秀次の悪逆,高野山への追放,秀次の自殺,その寵愛の女30余人の最期を叙している。聚楽は聚楽第のことで,秀次は秀吉から関白職を譲られてここに住んだので言う。秀次事件は《恨の介》にも出てくる。【野田 寿雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

聚楽物語の関連キーワード食満南北

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android