コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聴音機 チョウオンキ

デジタル大辞泉の解説

ちょうおん‐き〔チヤウオン‐〕【聴音機】

あるものの発する音を感受し、その方向や距離などを探知する機械。空中聴音機・水中聴音機などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

聴音機【ちょうおんき】

爆音で敵飛行機の位置を知る防空兵器。第1次大戦中に夜間空襲防御用として開発された。ラッパ形の集音器数個で爆音をとらえ敵機の水平・高低角を判定,未来位置を算出し探照灯に送る。現在は使われない。
→関連項目音響兵器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうおんき【聴音機】

あるものから発する音を聞き分けて、その位置・種類などを探知する機器。対潜水艦用の水中聴音機(ソナー)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聴音機の関連情報