コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聴音機 チョウオンキ

デジタル大辞泉の解説

ちょうおん‐き〔チヤウオン‐〕【聴音機】

あるものの発する音を感受し、その方向や距離などを探知する機械。空中聴音機・水中聴音機などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

聴音機【ちょうおんき】

爆音で敵飛行機の位置を知る防空兵器。第1次大戦中に夜間空襲防御用として開発された。ラッパ形の集音器数個で爆音をとらえ敵機の水平・高低角を判定,未来位置を算出し探照灯に送る。
→関連項目音響兵器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうおんき【聴音機】

あるものから発する音を聞き分けて、その位置・種類などを探知する機器。対潜水艦用の水中聴音機(ソナー)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

聴音機の関連キーワードホーミング魚雷パッシブソナーハイドロホンソーファー対空兵器ソノブイ駆潜艇ソナー

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聴音機の関連情報