探照灯(読み)タンショウトウ

  • たんしょうとう タンセウ‥
  • たんしょうとう〔タンセウ〕
  • 探照灯 searchlight

百科事典マイペディアの解説

サーチライトとも。遠方の目標を照明する灯具。キセノン灯や2〜3kWの電球を用い,光の広がりを小さくするため,銀めっきを施した放物面反射鏡の焦点に光源を置く。船では水路の照明やモールス信号通信に用い,救命艇にも装備される。
→関連項目聴音機投光器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サーチライトともいう。通常,20cm以上の口径を有し,ほぼ平行で強力なビームを出す投光器であり,遠距離の状況を認知するために照射できるようにしたものである。2~3kWの電球をとりつけた探照灯がスエズ運河航行用に現用されているほか,船舶用ではキセノンアーク灯式のものが多い。【伊東 孝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 夜間、遠方の陸海空の目標を照らすため、アーク灯やキセノンランプを光源としてこれを反射鏡により平行光線として一方向に射出し、遠距離を照射する装置。艦上より海上の敵を捜索するものを探海灯、航空機を捜索するものを照空灯という。サーチライト。
※風俗画報‐三〇五号(1904)旅順要塞戦の詳報「敵要塞より探照燈を放ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の探照灯の言及

【投光器】より

…反射鏡またはレンズを使って,特定方向に強い光が出るように作られた照明器具。探照灯,フラッドライト,スポットライトなどの種類がある。(1)探照灯(サーチライト)は通常0.2m以上の口径で,ほぼ平行な光線を出す投光器をいう。…

※「探照灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

探照灯の関連情報