コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水中聴音機 すいちゅうちょうおんきhydrophone

翻訳|hydrophone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水中聴音機
すいちゅうちょうおんき
hydrophone

音波が水中を伝わる性質を利用して,目標を音によって捜索,探知する装置。第1次世界大戦以来実用化された兵器で,潜水中の潜水艦や,航行中の敵艦推進器や機関,艦内音を,海底,ブイ,水上艦,潜水艦,ヘリコプタなどに装備されたマイクロホンで捕える。パッシブ・ソーナーともいい,音波を発射して反響音を測定するアクティブ・ソーナーと併用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

水中聴音機【すいちゅうちょうおんき】

パッシブソナーとも。水中を伝わる目標からの音,主として推進機音をとらえ,目標の存在,方位を測定する装置。受波器,受信増幅器,記録器などからなり,送波器はない。潜水艦戦,対潜水艦戦に使用。
→関連項目音響兵器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいちゅうちょうおんき【水中聴音機】

水中音を聴き取るための装置。艦船の機関音・推進器音や魚群の音を聴取し、その所在や方向を探知するもの。 → ソナー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水中聴音機の言及

【ソナー】より

…この方式のものとしては,魚群探知機,音響測深器,潜水艦および機雷探知用ソナー,海底などの形状を知るサイドルッキングソナーなどがある。パッシブソナーは水中聴音機とも呼ばれ,自分からは信号音を発射せず,船などから水中に出る音を聞いてその存在や方向を知るもので,おもに潜水艦捜索探知に用いられる。このほか特殊なものとして,水中電話や水中音響ビーコンなどが実用化されている。…

※「水中聴音機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水中聴音機の関連キーワードホーミング魚雷パッシブソナーハイドロホンソーファーソノブイ駆潜艇聴音機

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android