職として(読み)ショクトシテ

大辞林 第三版の解説

しょくとして【職として】

主として。おもに。 「 -花崗岩の普遍すると/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょく【職】 と して

そのことを主としているさまを表わす。もっぱら。おもに。主として。
※明六雑誌‐三号(1874)開化を進る方法を論ず〈津田真道〉「其移る所以はとして国内に流行する法教と学問とに由る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職としての関連情報