コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職場懇談会 しょくばこんだんかい

1件 の用語解説(職場懇談会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職場懇談会
しょくばこんだんかい

従業員が会社,管理方法,仕事などに対してもっている不平や要望を対話を通して会社側に反映させるために設けられる制度。第2次世界大戦後,人間関係論考え方が取入れられて設けられたもの。経営者側からみると,意思疎通の場を設け,従業員がもつ不平や苦情を聞き入れることにより,経営方針に対する従業員の抵抗を減じたり,労使間の対立を避け安定した労使関係を維持するのに効果がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職場懇談会の関連キーワードモラールモラール・サーベイ期間従業員従業員持株有期契約労働者従業員満足(ES)モラールサーベイ従業員持ち株会とみなし配当従業員持株会MBO(Management Buyout)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone