職能組織(読み)しょくのうそしき(英語表記)functional organization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職能組織
しょくのうそしき
functional organization

機能組織ともいう。生産,販売,財務,人事といった企業にとって基本的な職能をそれぞれ一つの部門にする形で編成された組織。各部門の長 (多くの場合は部長がこれにあたる) が担当職能に関する全般的な権限と責任とを有する。職能組織の概念は F.W.テーラーの職能化の原理に由来するが,専門化が容易になるため,企業の近代的な大規模化が可能になった。しかし各職能が自分の職能の都合を優先させることで,セクショナリズムに陥りやすく,企業全体の利益をそこなうなどの欠点もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくのうそしき【職能組織】

企業経営において、人事部・製造部・販売部といった、仕事の種類や専門に基づいて編成した組織。ファンクショナル-オーガニゼーション。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職能組織の関連情報