コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝を煎る キモヲイル

デジタル大辞泉の解説

肝(きも)を煎(い)・る

心をいら立たせる。やきもきする。
「円道様も為右衛門様も定めし―・って居らるるじゃろ」〈露伴五重塔
世話をする。取り持つ。
「―・ってくれる人のあるのを幸い」〈秋声・爛〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きもをいる【肝を煎る】

世話をする。取りもつ。
心をいらいらさせる。心を悩ます。腹を立てる。 「会へば人知る会はねば肝が煎らるる/隆達節」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肝を煎るの関連キーワード隆達節世話