滝川(読み)たきかわ

精選版 日本国語大辞典の解説

たきかわ たきかは【滝川】

(アイヌ語「ソ ラプチ ベツ(滝のある川)」の意訳) 北海道中西部の地名。石狩平野の北部、石狩川とその支流空知川との合流点にある。かつては石狩川舟運の河港で、現在は函館本線と根室本線との分岐点。米作を主に、タマネギなどを産出。昭和三三年(一九五八)市制。

たきがわ たきがは【滝川】

(「たきかわ」とも) 姓氏の一つ。

たき‐がわ ‥がは【滝川】

〘名〙 山の谷間などを、激しく流れている川。急流。滝つ瀬。
※八代集抄本詞花(1152頃)恋上「瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはんとぞ思ふ〈崇徳院〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たきかわ【滝川】[地名]

北海道中部の市。函館(はこだて)本線根室本線の分岐点。道立畜産試験場がある。人口4.3万(2010)。
[補説]空知川をさすアイヌ語の「ソ‐ラプチ‐ペッ」(がごちゃごちゃ落ちている川)の意訳

たきがわ【滝川】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「滝川」姓の人物
滝川一益(たきがわかずます)
滝川幸辰(たきがわゆきとき)

たき‐がわ〔‐がは〕【滝川】

山の谷間などの急流
「瀬を早み岩にせかるる―のわれても末にあはむとぞ思ふ」〈詞花・恋上〉

たきかわ【滝川】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「滝川」姓の人物
滝川幸辰(たきかわゆきとき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の滝川の言及

【網模様灯籠菊桐】より

…1857年(安政4)7月江戸市村座初演。主なる配役は,小猿七之助を4世市川小団次,奥女中滝川のち御守殿お熊を4世尾上菊五郎,与四郎を5世坂東彦三郎,七五郎・与四郎親西念を坂東亀蔵ほか。吉原中万字屋の名妓玉菊の150回忌にあたり,講釈種の〈小猿七之助〉の話と綯交(ないま)ぜに脚色した作。…

※「滝川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android