コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝臓をいたわる飲酒法 かんぞうをいたわるいんしゅほう

1件 の用語解説(肝臓をいたわる飲酒法の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんぞうをいたわるいんしゅほう【肝臓をいたわる飲酒法】

 肝臓がアルコールを処理できる能力は、体重1kgあたり、1時間に100~200mgです。いいかえると、体重60kgの人の肝臓が、日本酒1合(180mℓ。含まれるアルコールの量は、約22g)を処理するまでに、2~3時間かかることになります。
 日本酒1合にほぼ匹敵する他の酒類の量は、ビール大びん1本(22g)、ウイスキーダブル1杯(20g)、ワイングラス2杯(24g)、焼酎0.6合(21g)です。
 肝臓を傷めないで飲酒を楽しむためには、この数値を念頭においておくことがたいせつです。
 晩酌(ばんしゃく)をして、翌日、仕事ということであれば、翌朝には、肝臓がアルコールの処理を終わり、酔いがさめていなければなりません。
 とすれば、晩酌で飲める量は、最大限で日本酒にして3合、できれば2合が適量ということになるでしょう。
 日本酒で3合またはそれ以上毎日飲み続ければ、肝臓は疲れを癒(いや)す暇がなく、障害がおこってくる可能性が高くなります。
 週に2回は「休肝日(きゅうかんび)」を設けましょう。
 たんぱく質の豊富なつまみをとることも、肝臓の健康を守るにはたいせつです。
 翌日でもいいですから、アルコールを飲んだ後には、たんぱく質の豊富な食品をとるようにしましょう。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone