コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝臓をいたわる飲酒法 かんぞうをいたわるいんしゅほう

家庭医学館の解説

かんぞうをいたわるいんしゅほう【肝臓をいたわる飲酒法】

 肝臓アルコールを処理できる能力は、体重1kgあたり、1時間に100~200mgです。いいかえると、体重60kgの人の肝臓が、日本酒1合(180mℓ。含まれるアルコールの量は、約22g)を処理するまでに、2~3時間かかることになります。
 日本酒1合にほぼ匹敵する他の酒類の量は、ビール大びん1本(22g)、ウイスキーダブル1杯(20g)、ワイングラス2杯(24g)、焼酎0.6合(21g)です。
 肝臓を傷めないで飲酒を楽しむためには、この数値を念頭においておくことがたいせつです。
 晩酌(ばんしゃく)をして、翌日、仕事ということであれば、翌朝には、肝臓がアルコールの処理を終わり、酔いがさめていなければなりません。
 とすれば、晩酌で飲める量は、最大限で日本酒にして3合、できれば2合が適量ということになるでしょう。
 日本酒で3合またはそれ以上毎日飲み続ければ、肝臓は疲れを癒(いや)す暇がなく、障害がおこってくる可能性が高くなります。
 週に2回は「休肝日(きゅうかんび)」を設けましょう。
 たんぱく質の豊富なつまみをとることも、肝臓の健康を守るにはたいせつです。
 翌日でもいいですから、アルコールを飲んだ後には、たんぱく質の豊富な食品をとるようにしましょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android