コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝臓をいたわる飲酒法 かんぞうをいたわるいんしゅほう

1件 の用語解説(肝臓をいたわる飲酒法の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんぞうをいたわるいんしゅほう【肝臓をいたわる飲酒法】

 肝臓がアルコールを処理できる能力は、体重1kgあたり、1時間に100~200mgです。いいかえると、体重60kgの人の肝臓が、日本酒1合(180mℓ。含まれるアルコールの量は、約22g)を処理するまでに、2~3時間かかることになります。
 日本酒1合にほぼ匹敵する他の酒類の量は、ビール大びん1本(22g)、ウイスキーダブル1杯(20g)、ワイングラス2杯(24g)、焼酎0.6合(21g)です。
 肝臓を傷めないで飲酒を楽しむためには、この数値を念頭においておくことがたいせつです。
 晩酌(ばんしゃく)をして、翌日、仕事ということであれば、翌朝には、肝臓がアルコールの処理を終わり、酔いがさめていなければなりません。
 とすれば、晩酌で飲める量は、最大限で日本酒にして3合、できれば2合が適量ということになるでしょう。
 日本酒で3合またはそれ以上毎日飲み続ければ、肝臓は疲れを癒(いや)す暇がなく、障害がおこってくる可能性が高くなります。
 週に2回は「休肝日(きゅうかんび)」を設けましょう。
 たんぱく質の豊富なつまみをとることも、肝臓の健康を守るにはたいせつです。
 翌日でもいいですから、アルコールを飲んだ後には、たんぱく質の豊富な食品をとるようにしましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

肝臓をいたわる飲酒法の関連キーワードアルコール飲料肝臓癌知能固形アルコール鈍腕アルコール性のアルコールデヒドロゲナーゼ肝臓がん人的資産管理アルコール性肝疾患

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone