コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥田野築村 ひだの ちくそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

肥田野築村 ひだの-ちくそん

1801-1874 江戸後期-明治時代の儒者。
享和元年生まれ。越後(えちご)(新潟県)の人。はじめ越後新発田(しばた)藩医松田本庵に,ついで江戸の亀田綾瀬(りょうらい)らにまなぶ。のち帰郷して,家塾をひらいた。明治7年1月3日死去。74歳。名は徹。字(あざな)は士朗。通称は徹太郎。著作に「易説」「鎌倉紀行」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

肥田野築村の関連キーワードおもなお雇い外国人享和パーベル1世山東京伝自由民権運動わが祖国辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android