コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩掛け かたかけ

1件 の用語解説(肩掛けの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肩掛け
かたかけ

女子が外出のとき、寒さを防ぐために肩に掛ける布、編物、毛皮製品の総称。ショールストールともいう。形は長方形正方形三角形などがあり、大きさはさまざまである。ビロードシフォン・ベルベット、絹、毛、綿など、織り方、材質も多岐にわたっている。とくにインドカシミール地方のカシミヤの毛で織られたカシミヤ・ショールは高価なもので、高級品として好まれる。化学繊維の発達とともに、これらを素材にしたものも多く用いられている。肩掛けヨーロッパで発達したもので、衣服の装飾用としての補助的役目と防寒の目的に用いられていた。日本では1877年(明治10)ごろ洋服とともに東京を中心に一部の人たちに使用され、明治中期ごろから和服にも用いられるようになって今日に至っている。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の肩掛けの言及

【襟巻】より

…寒さを防ぐためや装飾として首,肩の回りに巻くものの総称。首巻ともいうが,いわゆる肩掛けとの区別も定かでなく,一般には同義に用いられる。西欧で15世紀に,女性が顔の下部を覆った四角の白布をマフラーと呼んだ。…

※「肩掛け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肩掛けの関連情報