育児休業給付(読み)イクジキュウギョウキュウフ

  • いくじきゅうぎょうきゅうふ〔イクジキウゲフキフフ〕

人材マネジメント用語集の解説

育児・介護休業法による育児休業をする従業員に対して、雇用保険より給付される給付金。育児休業の取得と、その後の復帰を促すものとして支給。平成13 年より支給率が40%となる。(30%は休業期間中各月支給。残10%は復職後6ヶ月経過後一時金支給。)給付は非課税で、給付を受けるためには、休業前 2年間に12ヶ月以上就労していることが必要。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

育児休業給付の関連情報