コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

育成選手制度 いくせいせんしゅせいどReserve

翻訳|Reserve

知恵蔵の解説

育成選手制度

支配下登録選手枠の70名以外に、若手発掘のため2005年から設けられた選手枠で、ドラフト会議後の第2次ドラフトによって獲得される。最低年俸は240万円(支配化選手は440万円)で2軍の公式戦にしか出場できないが、7月までの昇格が認められている。育成選手だった巨人・山口鉄也、隠善智也が活躍し、08年の育成ドラフトでは26人が指名された。

(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

育成選手制度

2005年オフ、各球団が支配下登録枠(70人)を超えて選手を雇用できるよう導入。育成選手は1軍戦に出場できず、背番号は3ケタ。育成選手を指名する育成ドラフト会議では、昨秋までに計144人が指名され、38人が支配下登録された。

(2013-06-18 朝日新聞 夕刊 スポーツ1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone