コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺梗塞 はいこうそくpulmonary infarct

世界大百科事典 第2版の解説

はいこうそく【肺梗塞 pulmonary infarct】

肺でみられる梗塞。静脈血にできた血栓,腫瘍細胞,空気,脂肪などが肺に流れてきて,肺動脈にひっかかった場合が肺塞栓pulmonary embolismであり,その結果,その肺動脈分布領域に出血性壊死を起こした場合が肺梗塞である。肺梗塞は肺塞栓例の50~60%に起こり,心不全がある場合には約90%と高率に発生する。症状は閉塞血管の大きさにより異なり,無症状から,胸痛,血痰,発熱,呼吸困難,さらにはショックまで種々の程度にわたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

肺梗塞の関連キーワードネフローゼ症候群肺血栓塞栓症ムコール菌症救急処置うっ血肝敗血症胸膜炎肺膿瘍喀血

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android