肺梗塞(読み)はいこうそく(英語表記)pulmonary infarct

世界大百科事典 第2版の解説

はいこうそく【肺梗塞 pulmonary infarct】

肺でみられる梗塞静脈血にできた血栓,腫瘍細胞,空気,脂肪などがに流れてきて,肺動脈にひっかかった場合が肺塞栓pulmonary embolismであり,その結果,その肺動脈分布領域に出血性壊死を起こした場合が肺梗塞である。肺梗塞は肺塞栓例の50~60%に起こり,心不全がある場合には約90%と高率に発生する。症状は閉塞血管の大きさにより異なり,無症状から,胸痛血痰発熱呼吸困難,さらにはショックまで種々の程度にわたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報