コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺門 ハイモン

大辞林 第三版の解説

はいもん【肺門】

左右の肺の内側のほぼ中央部で気管支・肺動脈・肺静脈が出入りする部位。多数のリンパ節がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺門
はいもん

気管支・血管・神経などが肺に出入する部分で、肺の縦隔面(内側面)の中央にあたる。この部分のみ胸膜を欠き、くぼんでいる。肺門からは肺動・静脈、気管支動・静脈、気管支、リンパ管、神経などが出入する。これらの器官は結合組織で一束にまとめられていて、これを肺根とよぶ。肺根の部分で臓側(ぞうそく)胸膜は壁側(へきそく)胸膜に移行する。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肺門の関連キーワード佩・俳・廃・廢・憊・拜・拝・排・敗・杯・沛・牌・癈・盃・稗・肺・背・胚・輩・配健康診断で異常陰影が発見されたとき老化にともなう呼吸器の病気と症状呼吸器のしくみとはたらき皮膚サルコイドーシスマイコプラズマ肺炎肺外結核のいろいろがんを見つける検査肺門リンパ節結核サルコイドーシス肺うっ血/肺水腫肺門リンパ腺炎がんの外科療法肺門リンパ節肺動脈・静脈肺切除療法小児結核断層撮影オウム病血行感染

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android