コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺水腫とARDS はいすいしゅとえーあーるでぃーえす

1件 の用語解説(肺水腫とARDSの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はいすいしゅとえーあーるでぃーえす【肺水腫とARDS】

 急性呼吸促迫症候群きゅうせいこきゅうそくはくしょうこうぐん)(成人呼吸促迫症候群(せいじんこきゅうそくはくしょうこうぐん)、ARDS(「急性呼吸促迫症候群」))は、急に呼吸が困難になるもので、敗血症(はいけつしょう)(「敗血症」)、誤飲(ごいん)、ショック、外傷、汎発性(はんぱつせい)(播種性(はしゅせい))血管内凝固症候群(けっかんないぎょうこしょうこうぐん)(DIC(「播種性血管内凝固症候群(DIC)」))、頻繁(ひんぱん)な輸血、急性膵炎(きゅうせいすいえん)(「急性膵炎」)、重症の肺感染症など、重い病気の際におこります。
 原因の70%は、敗血症だといわれています。
 この病気は、好中球(こうちゅうきゅう)をはじめとする炎症細胞(えんしょうさいぼう)(炎症があると増え、炎症部に集まり、炎症を悪化もさせる一連の免疫系の細胞)が活動的になり、そのため肺血管内皮(ないひ)が広く損傷され、その結果、血管壁から血液の液体成分がどんどんしみ出し、肺水腫(はいすいしゅ)をおこします。
 症状としては、動脈血中の酸素が著しく少なくなるため、強い呼吸困難がおこってきます。
 多くの場合、人工呼吸器の使用が必要になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

肺水腫とARDSの関連キーワード呼吸器重症急性呼吸器症候群外呼吸急性呼吸音呼吸熱深呼吸内呼吸肺呼吸急性呼吸器症状

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone