背・叛(読み)そむく

精選版 日本国語大辞典「背・叛」の解説

そ‐む・く【背・叛】

[1] 〘自カ五(四)〙 (「背(そ)向く」の意) ある方向に背を向ける。⇔おもむく
後ろ向きになる。背中を向ける。反対方向やわきを向く。
※竹取(9C末‐10C初)「かへるさのみゆき物憂く思ほえてそむきてとまるかくや姫ゆゑ」
② 人や物から離れる。別れる。去る。
万葉(8C後)二・一九六「朝宮を 忘れふや 夕宮を 背(そむき)たまふや」
③ (世をそむくの意で) 俗世間を離れる。出家する。隠遁する。
※伊勢物語(10C前)一〇二「そむくとて雲にはのらぬ物なれど世のうきことぞよそになるてふ」
④ 人の思いや意見・命令などに反する。また、期待に反する結果となる。また、道理・常識などに合致しない。さからう。反対する。
※万葉(8C後)五・七九四「にほ鳥の 二人並び居(ゐ) 語らひし 心曾牟企(ソムキ)て 家離(ざか)りいます」
平家(13C前)五「すでにこの京を他国へうつさんとせさせ給ひしを、大臣公卿、諸国の人民そむき申ししかば」
⑤ 味方であった者、主人などに敵対する。手むかいする。謀叛(むほん)する。
書紀(720)垂仁五年一〇月「皇后〉曲(つばびらか)に兄王(このかみのおほきみ)の反状(ソムクコト)を申したまふ」
[2] 〘他カ下二〙 ⇒そむける(背)

そ‐むき【背・叛】

〘名〙 (動詞「そむく(背)」の連用形の名詞化)
① うしろの方。背面。後面。
※夫木(1310頃)二三「なきすみのふなせを過て今みればそむきにかすむあはの島山〈藤原光俊〉」
② 反対すること。また、敵対すること。謀叛(むほん)。〔倭語類解(17C後‐18C初)〕
俗世にそむくこと。出家すること。遁世(とんせい)
源氏(1001‐14頃)鈴虫「多うは思ひなり給ひにし御世のそむきなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android