七星(読み)ななつぼし

精選版 日本国語大辞典「七星」の解説

ななつ‐ぼし【七星】

〘名〙
① 七つの星。特に、北斗七星をいう。
※つゆ艸(1902)〈太田水穂〉秀つ峰「北の海ゆい吹き渡らふよるの風に村雲なびき七つ星見ゆ」
② 紋所の名。星紋の一種。七曜を図案化したもの。
※咄本・山の笑(1814頃)幽霊「ななつぼしの印の酒樽より」
③ 七曜の文様の柄物。
※随筆・雅遊漫録(1755)四「長楽寺金襴〈略〉もやう七つ星、五の目にすはる」
④ 数の七をいう、淡路人形浄瑠璃社会の隠語。
⑤ (体側に並ぶ斑点から) 魚「まいわし(真鰯)」の異名

しち‐しょう ‥シャウ【七星】

(「しょう」は「星」の呉音) =しちせい(七星)
曾我物語(南北朝頃)二「三七日に満ずる時、七しゃう、現前とあまくだりみえたまふ」

しち‐せい【七星】

中国星学で、北斗星の中の最も大きい七つの星。すなわち、貪狼星・巨門星・祿存星文曲星・廉貞星・武曲星・破軍星の総称。北斗七星。しちしょう。七政。しっしょう。
※続日本紀‐霊亀元年(715)八月丁丑「左京人大初位下高田首久比麻呂献霊亀。長七寸、闊六寸、左眼白、右眼赤、頸著三公、背負七星
※今昔(1120頃か)一二「風も不吹ぬ空に〈〉雲方四五丈許の程晴れて、七星明かに見え給ふ」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android