コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背負袋 せおいぶくろ

1件 の用語解説(背負袋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せおいぶくろ【背負袋】

わら,つる草などで編んだ袋に負い紐を付け,背負えるようにした運搬具。主に山間地帯で使用され,山仕事,狩猟などの際,これに用具や弁当などを入れてゆく。比較的小型なため,他の背負運搬具と併用されることもある。たとえば,歩荷(ぼつか)は弁当などを入れた背負袋を荷物と共に背負いばしごにくくりつけて歩くこともあった。使用状況から,つる草をそのまま編んだ目の粗いものが,より古い形と見られている。【胡桃沢 勘司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

背負袋の関連キーワード箯輿負ぶい紐蔓草ねこだ結び袋藁沓藁薦藁金剛

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone