コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背進 ハイシン

デジタル大辞泉の解説

はい‐しん【背進】

[名](スル)後ろの方へ進むこと。退くこと。後退。
「次の汽車にて茅崎まで―仕候」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいしん【背進】

( 名 ) スル
後ろの方へ進むこと。後退。 「僕は…舌を捲いて、奥へ-した/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

背進
はいしん
regressiveness

一つの順序系列があるとき、その列の一つの項からその前の項へ、そのまた前の項へとさかのぼっていくこと。たとえば整数の列で、2から1、1から0、0から-1とさかのぼること。一つの主張から出発して、その根拠、そのまた根拠を求めてゆくこともこの例になる。整数の例にみるように無限背進が可能なこともある。[吉田夏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

背進の関連キーワードアルバート第三の人間後退的論証吉田夏彦ヘーゲル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android