コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背進 ハイシン

大辞林 第三版の解説

はいしん【背進】

( 名 ) スル
後ろの方へ進むこと。後退。 「僕は…舌を捲いて、奥へ-した/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

背進
はいしん
regressiveness

一つの順序系列があるとき、その列の一つの項からその前の項へ、そのまた前の項へとさかのぼっていくこと。たとえば整数の列で、2から1、1から0、0から-1とさかのぼること。一つの主張から出発して、その根拠、そのまた根拠を求めてゆくこともこの例になる。整数の例にみるように無限背進が可能なこともある。[吉田夏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android