コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎盤遺残 たいばんいざん Retention of the Placenta

1件 の用語解説(胎盤遺残の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たいばんいざん【胎盤遺残 Retention of the Placenta】

[どんな病気か]
 赤ちゃんを出産すると、それに続いて胎盤が出てきます。
 ふつう、胎盤は出産後まもなく出てきますが、30分以上たっても、胎盤の一部が子宮の中に残ってしまって、出てこない状態のことを、胎盤遺残といいます。
[治療]
 胎盤遺残の治療では、おなかの上から子宮底(しきゅうてい)をマッサージしたり冷やしたりするのと同時に、子宮の収縮を助ける薬剤を使って、子宮の中に残っている胎盤を外に出すようにします。
 しかし、それでも胎盤が出てこない場合があります。
 子宮の中に胎盤が残ったままだと、子宮が収縮しきれずに大量に出血したり、子宮の中に感染がおこって、ときには敗血症(はいけつしょう)(「敗血症」)になってしまい、子宮全体を摘出する手術を行なわなければいけない場合もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

胎盤遺残の関連キーワード常位胎盤早期剥離赤ちゃん返り母子相互作用赤ちゃんどんちゃん騒ぎ赤ちゃん言葉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone