コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎盤遺残 たいばんいざんRetention of the Placenta

家庭医学館の解説

たいばんいざん【胎盤遺残 Retention of the Placenta】

[どんな病気か]
 赤ちゃんを出産すると、それに続いて胎盤が出てきます。
 ふつう、胎盤は出産後まもなく出てきますが、30分以上たっても、胎盤の一部が子宮の中に残ってしまって、出てこない状態のことを、胎盤遺残といいます。
[治療]
 胎盤遺残の治療では、おなかの上から子宮底(しきゅうてい)をマッサージしたり冷やしたりするのと同時に、子宮の収縮を助ける薬剤を使って、子宮の中に残っている胎盤を外に出すようにします。
 しかし、それでも胎盤が出てこない場合があります。
 子宮の中に胎盤が残ったままだと、子宮が収縮しきれずに大量に出血したり、子宮の中に感染がおこって、ときには敗血症(はいけつしょう)(「敗血症」)になってしまい、子宮全体を摘出する手術を行なわなければいけない場合もあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android