コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胚胎 ハイタイ

デジタル大辞泉の解説

はい‐たい【×胚胎】

[名](スル)
みごもること。はらむこと。
物事の起こる原因やきざしが生じること。「繁栄の中に胚胎する退廃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいたい【胚胎】

( 名 ) スル
〔子をはらむ意〕
物事の起こる原因を含みもつこと。 「固より文明の種はここに-すと云ふと雖ども/文明論之概略 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胚胎の関連キーワード佩・俳・廃・廢・憊・拜・拝・排・敗・杯・沛・牌・癈・盃・稗・肺・背・胚・輩・配エリオット(George Eliot)ひび割れ角礫岩連続音波探査芭蕉(俳人)イタリア文学ウラン鉱床深海掘削船フランドル縞状鉄鉱層鬼(おに)大学の自治ウォートン神国思想院内銀山小坂鉱山渡良瀬川開灤炭田抽象美術西郷隆盛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胚胎の関連情報