コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡培き こばいきHu Pei-hui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡培き
こばいき
Hu Pei-hui

[生]乾隆47(1782)
[没]道光29(1849)
中国,清の学者。安徽省績渓県の人。字は載屏 (さいへい) ,竹邨 (ちくそん) 。嘉慶 24 (1819) 年進士に及第。内閣中書から戸部広東主事となったが,他人の汚職事件に巻込まれて官を辞し,帰郷して東山書院を創設,教育と著述に余生をおくった。代々「経学」を伝える家に生れ,凌廷堪 (りょうていかん) から「礼」を学び,40年余をかけて主著『儀礼正義』を完成。同書は今日もなお価値を保っている。著書『臙寝考』『てい袷 (ていこう) 問答』『研六室文鈔』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

胡培きの関連キーワードフェイト天明の飢饉フェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学蒸気機関竹内式部

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android