胴切(読み)どうぎり

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐ぎり【胴切】

〘名〙
① 動物や人間の胴を横に切ること。また、その切ったもの。つつぎり。わぎり。
※太平記(14C後)一〇「猶も奴原を浜面へ追出して、弓手・馬手に相付け、車切・胴(ドウ)切・立破(たてわり)に仕棄度(たく)存候つれ共」
② 途中で物事が中断すること。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「新参の信者の祈祷は往々にして司会者の呼鐘(べる)に胴截(ドウギリ)される」

どう‐ぎ・る【胴切】

〘他ラ四〙
① 胴切りにする。筒ぎりにする。
※太平記(14C後)八「五尺三寸の太刀を以て、敵三人懸けず筒切(ドウギッ)て」
② 大胆自由に事を行なう。きままに処置する。
※日葡辞書(1603‐04)「ドウギリモノ。または、Dôguitta(ドウギッタ) ヒト」
※歌舞伎・桑名屋徳蔵入船物語(1770)二「御出家の托鉢余り胴切って承知仕った」

どう‐ぎれ【胴切】

〘名〙 中途で絶え切れること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android