コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能産的自然 のうさんてきしぜんnatura naturans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能産的自然
のうさんてきしぜん
natura naturans

生み出された結果としてある自然界 (→所産的自然 ) に対し,これを生み出す力としての自然をいう。ドゥンス・スコツスエリウゲナに発し,イブン・ルシュドが展開し,G.ブルーノ,B.スピノザが主要概念としたほか,F.シェリングもその自然哲学に用いた。多くの場合,神や絶対者に等しいが,M.デュフレンヌのようにこれをただ自然の有機的生産力の意味で用いる学者もいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

能産的自然の関連キーワード産出的自然

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android