コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂肪種子 しぼうしゅしoilseed

翻訳|oilseed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脂肪種子
しぼうしゅし
oilseed

アブラナ,トウゴマ,ゴマなどの種子のように脂肪や油を多量に貯蔵している種子。食用,工業用に利用される。油脂の含量は植物によって違い,たとえば,アマ,アサ,ヒマワリでは 35%,アブラナでは 45%,ナンキンマメ 50%,ゴマ 56%,トウゴマ 60%,ツバキ,クルミ,ハシバミでは 60%以上である。これらの油脂は普通は種子の胚乳や子葉の細胞内に油滴としてみられ,スダン IIIなどの油溶色素で染色することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぼう‐しゅし〔シバウ‐〕【脂肪種子】

貯蔵物質として多量の脂肪を含む種子。ダイズ・ゴマ・アブラナなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぼうしゅし【脂肪種子】

貯蔵物質として多量の脂肪を含む種子。トウゴマ・アブラナ・ゴマ・ココヤシ・ツバキなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脂肪種子の関連キーワードグリオキシル酸回路リパーゼ貯蔵物質アトリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android