脚線美(読み)キャクセンビ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 女性の脚の輪郭がもつ曲線的な美しさ。
※物質の弾道(1929)〈岡田三郎〉「レヴィユー全盛で、脚線美(キャクセンビ)が巷間姦しい時代だ」
[補注]昭和四年(一九二九)に松竹が「脚線美女優」を募集したところから広まった語で、当時の撮影所所長の城戸四郎の造語という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android