コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾道 ダンドウ

3件 の用語解説(弾道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だん‐どう〔‐ダウ〕【弾道】

発射された弾丸が目標に達するまでに描く軌跡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だんどう【弾道】

発射された弾丸が空中に描く曲線。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弾道
だんどう
trajectory

弾丸および大陸間ミサイルなどの飛翔(ひしょう)体が描く軌道をさす。地球上で一定の加速度が加えられたのち、慣性で飛翔する物体は重力の影響でふたたび地表に落下するが、それまでに描く曲線は大別すると二つになる。まず、地表を平面、かつ真空として考えた場合、その物体の描く曲線は放物線となる。これを真空弾道という。これに対し、地表を曲面として考えざるをえないほど長距離を飛翔する物体は楕円(だえん)曲線に近い。これも弾道であり、両者の違いは重力と加速度の方向と大きさにどれだけ影響されるかによる。弾道は空気抵抗によりさまざまの影響を受け、真空弾道とは異なった空気中弾道を描き、気温、風向、風速、空気密度などの影響を受ける。実際には砲口から描かれる弾道を細かく分画し、目標に対して正確な到達を図る必要がある。弾道は、加速度を与えるまでの砲内弾道と慣性による砲外弾道に分ける。大陸間弾道弾の場合は、砲内弾道に対する推進弾道、砲外弾道に対する空気中弾道、大気圏外弾道、再突入弾道に区分されている。砲内弾道とは、弾丸が砲口から発射されるまでの約100万分の3秒間における発射薬の燃焼状況および砲腔(ほうこう)内状況によって影響される弾丸の運動をさす。砲外弾道は、砲口から出た瞬間の速度(初速という)と大気状況との相関関係で形成される。弾道に関する理論がいちおう完成をみたのは20世紀に入ってからである。[猪口修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾道の関連キーワード自動小銃行程射程銃身数的弾着着弾砲門線条痕的中

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弾道の関連情報