コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城戸四郎 きど しろう

5件 の用語解説(城戸四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城戸四郎 きど-しろう

1894-1977 大正-昭和時代の映画製作者。
明治27年8月11日生まれ。大正13年松竹キネマ蒲田撮影所所長となる。小津安二郎らの新人監督を起用,小市民の日常をえがいた蒲田調,のち大船調とよばれる女性向け路線をきずいた。「愛染かつら」「君の名は」の2大メロドラマを生み,また日本初のトーキー映画,総天然色映画を製作。昭和29年松竹社長に就任。昭和52年4月18日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。旧姓は北村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

城戸四郎【きどしろう】

映画製作者。東京生れ。1919年東京帝大法科大学卒。1921年松竹キネマに入社,1924年に松竹蒲田撮影所長となる。松竹映画の主流であった小唄映画,花柳界情話,家庭悲劇にかわり,新進の監督であった牛原虚彦(うしはらきよひこ)・島津保次郎らを登用して市民の日常性に題材を求めた小市民映画打ち出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きどしろう【城戸四郎】

1894‐1977(明治27‐昭和52)
映画製作者。小津安二郎から山田洋次に至る松竹映画のイメージと歴史を築き上げた。東京生れ。1921年,大谷竹次郎の養子となり,松竹に入社。関東大震災後の1924年,松竹蒲田撮影所長(1936年に蒲田から大船へ撮影所が移転すると同時に大船撮影所長)。《船頭小唄》(1923)などに代表された従来の松竹映画の主流だった小唄映画や花柳界情話や家庭悲劇にあきたらず,市民生活の日常性の中に題材を求めた〈小市民映画〉を打ち出し,いわゆる〈松竹蒲田調〉(のちの〈大船調〉)の基礎をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きどしろう【城戸四郎】

1894~1977) 映画製作者。東京生まれ。松竹入社後、蒲田撮影所長を経て戦後社長に就任。1930年頃、都会的な小市民映画の路線を打ち出し、これは後に蒲田調と呼ばれ、戦後の松竹メロドラマの基礎をつくる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

城戸四郎
きどしろう
(1894―1977)

映画製作者。東京生まれ。東京帝国大学卒業後、松竹社長大谷竹次郎(おおたにたけじろう)の養子となる。1924年(大正13)松竹キネマ蒲田(かまた)撮影所長に就任。島津保次郎(やすじろう)、五所平之助(ごしょへいのすけ)、小津安二郎(おづやすじろう)、吉村公三郎(よしむらこうざぶろう)らの新進監督を積極的に起用、シナリオを重視した新しい感覚の小市民喜劇や女性映画によって、松竹を日活と並ぶ業界最大手に成長させた。1936年(昭和11)に大船へ撮影所を移転、『愛染(あいぜん)かつら』や『君の名は』など大船調といわれた女性向きのメロドラマを世に送り続けた。1954年(昭和29)松竹社長に就任、1971年に会長となる。1974年菊池寛賞受賞。1975年には優秀なシナリオの発掘を目的に城戸賞を設けた。[千葉伸夫]
『城戸四郎著『日本映画伝――映画製作者の記録』(1956・文芸春秋新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の城戸四郎の言及

【松竹[株]】より

…26年にはルナパーク社を併合し,大正期にその礎を固め,恋愛と家庭を主題とし,女性層を手堅くとらえて,のち36年以降神奈川県大船への撮影所移転に伴い〈大船調〉と呼ばれる方向を打ち出している。 さらに,製作者城戸四郎の強力な指導のもとで,清水宏,五所平之助,小津安二郎ら若手監督が活躍,また斎藤寅二郎監督のナンセンス喜劇,当時,量産体制に入ったレコードによる流行歌とのタイアップ企画(《愛染かつら》など)の成功などによって,急速に日本の代表的な映画会社となった。一方,20年には,洋風楽劇,歌劇を模して,後年松竹少女歌劇に発展する松竹楽劇部を創立するなど多彩な活動を試みた。…

【日本映画】より

…松本英一監督)は大当りして,主演の沢蘭子を人気スターにした。やがて蒲田撮影所が関東大震災で一時閉鎖ののち,1924年に再開されるや,撮影所長が野村芳亭(ほうてい)(1880‐1934)から城戸(きど)四郎に変わり,城戸四郎は新派的なものを排し,明朗で健康なユーモアと笑いに満ちた近代的感覚の映画づくりを目ざすとともに,母性愛を主とした女性映画の製作を推進した。これが〈蒲田調〉の始まりであり,小市民映画の先駆といえる島津保次郎《日曜日》(1924),田園風景のなかに人生の哀歓を情緒豊かにつづった五所平之助《からくり娘》《村の花嫁》(ともに1927),スポーツ俳優・鈴木伝明を主演に快活な青春を描いた牛原虚彦《陸の王者》《彼と東京》《彼と田園》(ともに1928),近代人の情感をユーモラスに描いた小津安二郎《大学は出たけれど》(1929),《東京の合唱》(1931),《生れてはみたけれど》(1932)などがつくられた。…

※「城戸四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

城戸四郎の関連キーワード大島福造栗田確也近馬勘吾重見伊三雄島村一郎中沢佑橋本求村山長挙山口常光三遊亭金馬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

城戸四郎の関連情報