コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱感作 だつかんさdesensitization

翻訳|desensitization

4件 の用語解説(脱感作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱感作
だつかんさ
desensitization

除感作ともいう。ヒトや動物に異種蛋白 (抗原) を投与し,一定期間後に再び同じ抗原を投与すると,激しい反応 (アナフィラキシー) を起す。これは,第1回目の抗原の投与によって,生体がそれに対して過敏性となるためで,この第1回目の抗原投与 (前処置) を感作という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だつ‐かんさ【脱感作】

アレルギー疾患の治療法の一。過敏性の原因となるアレルゲンをごく少量注射し、しだいにその量を増して過敏性を減弱させる方法がとられる。除感作。減感作。→感作

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

脱感作【だつかんさ】

減感作療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だつかんさ【脱感作】

アレルギーの原因となる物質を少量ずつ次第に増量しながら定期的に注射し過敏性を除去する療法。気管支喘息ぜんそく・蕁麻疹じんましん・アレルギー性鼻炎などに対して行う。除感作。減感作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の脱感作の言及

【減感作療法】より

…回避できないアレルゲンによってひき起こされるアレルギー性疾患に対する特殊な治療法。抗原物質に対して過敏な状態にすることを〈感作sensitization〉といい,その過敏性を除去する処置を〈減感作〉(かつては除感作,脱感作といった)という。減感作療法はこの方法を用いたものである。…

※「脱感作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱感作の関連情報