コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱感作 だつかんさdesensitization

翻訳|desensitization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱感作
だつかんさ
desensitization

感作ともいう。ヒトや動物に異種蛋白 (抗原) を投与し,一定期間後に再び同じ抗原を投与すると,激しい反応 (アナフィラキシー) を起す。これは,第1回目の抗原の投与によって,生体がそれに対して過敏性となるためで,この第1回目の抗原投与 (前処置) を感作という。2回目の投与量が多いと,反応が強くてショック死することもあるが,それほど大量でなければ,数日後に再び投与しても,ショックを起さない。このように,抗原の量をごく少量から始めて,次第に増加して過敏性を減弱させることを脱感作という。脱感作はアレルギー性疾患の治療に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だつ‐かんさ【脱感作】

アレルギー疾患の治療法の一。過敏性の原因となるアレルゲンをごく少量注射し、しだいにその量を増して過敏性を減弱させる方法がとられる。除感作減感作。→感作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だつかんさ【脱感作】

アレルギーの原因となる物質を少量ずつ次第に増量しながら定期的に注射し過敏性を除去する療法。気管支喘息ぜんそく・蕁麻疹じんましん・アレルギー性鼻炎などに対して行う。除感作。減感作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の脱感作の言及

【減感作療法】より

…回避できないアレルゲンによってひき起こされるアレルギー性疾患に対する特殊な治療法。抗原物質に対して過敏な状態にすることを〈感作sensitization〉といい,その過敏性を除去する処置を〈減感作〉(かつては除感作,脱感作といった)という。減感作療法はこの方法を用いたものである。…

※「脱感作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android