コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎臓結石症 じんぞうけっせきしょうnephrolithiasis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腎臓結石症
じんぞうけっせきしょう
nephrolithiasis

腎石症ともいう。腎臓結石が発生することで,厳密には病名ではなく,一つの症状を示す用語である。原因はいろいろ考えられるが,現状では不明のほうが多い。結石の成分には,シュウ酸カルシウム,リン酸マグネシウム・アンモニウム,リン酸カルシウムシスチン,尿酸 (塩) などがある。原因が明らかな場合には原因療法をする。結石が腎臓 (腎盂,腎杯) の中にあるうちは症状が少く,尿管結石になると激しい痛み (仙痛発作) を起すことが多い。腎臓から尿管,膀胱,尿道にいたる尿の通路を尿路といい,結石の存在する場所によって腎結石,尿管というように名称が変るが,多くは腎杯にできた石が,結石尿とともに下降してきたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android