コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尿管結石 にょうかんけっせきureteral stone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尿管結石
にょうかんけっせき
ureteral stone

尿路結石の一つで,腎臓内で発生した結石が尿管内に下降し,いずれかの部位に嵌入したものをいう。尿管はヘビが卵を飲み込んだような状態になり,尿の流れが妨げられて,腎盂の内圧が上昇する。また,結石を膀胱に向って送り出そうと,尿管が活発に運動する。そのために,腎臓部と尿管部の両方に発作性の激しい痛み (疝痛発作) を感じる。発作は2時間前後で軽減することが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尿管結石
にょうかんけっせき

(じん)結石が尿管へ落ちてその途中に止まっている場合をいう。尿管が生理的に狭くなっている部位、すなわち腎盂(じんう)から尿管への移行部、総腸骨動脈との交叉(こうさ)部位、尿管から膀胱(ぼうこう)への移行部などで滞ることが多い。結石が腎臓内にある間は無症状であったものが、尿管へ陥入すると、突然、患側腎臓部の背側から側腹部に放散する仙痛発作(さし込み)を生ずる。これは、結石が尿管腔(くう)を閉塞(へいそく)して尿管壁の平滑筋がけいれんし、腎盂内の圧力が急激に上昇するためである。吐き気、嘔吐(おうと)を伴い、腸管も一時的に麻痺(まひ)する。結石が膀胱に近い尿管にあるときは、痛みが同側の睾丸(こうがん)部から大腿(だいたい)内側へ向かって放散することもある。尿は血尿の場合が多く、ときには血塊や結石そのものの排出をみることがある。尿量は痛みの発作時には反射的に一時減少する。結石の大きさ、位置、腎機能への影響は静脈性腎盂造影で判定する。もともと尿管狭窄(きょうさく)がある場合、腎盂腎炎を合併している場合、結石が径1センチメートル以上の大きさで水腎症が中等度以上、腎機能障害が強いと判断した場合には、早期に切石術を行って結石を除去する。結石が径8ミリメートル以下で小さく、ほかに合併症もない場合は、痛みの発作が治まったら通常の生活に戻り、多量の飲水、運動、利尿剤などの内科的治療による自然排石を期待する。しかし、3か月以上の経過観察で結石がまったく移動しなかった場合は、尿管カテーテルを逆行性に挿入して動かしてみたり、結石が下部尿管にあれば、バスケットカテーテルとよばれる先端が籠(かご)状になった尿管カテーテルを結石のある部位まで挿入して捕石を試みたりする。いずれにしても、結石が除去されたあとは、腎結石の場合と同様に、原因疾患の究明と再発防止に努めることがたいせつである。[松下一男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

尿管結石の関連キーワード口腔のしくみとはたらき腎結石/尿管結石経皮的腎砕石術嘔吐(医学)無症候性血尿急性腎不全腎乳頭壊死腎臓結石症尿路結石鎮けい薬急性膵炎急性腹症救急処置腎盂鏡TUL志賀亮腎梗塞水腎症無尿乏尿

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尿管結石の関連情報