腰物(読み)こしもの

精選版 日本国語大辞典「腰物」の解説

こし‐もの【腰物】

〘名〙 に帯びるもの。刀剣、印籠、巾着などをいう。腰の物
梅松論(1349頃)上「一人当千の芸をあらはす間、将軍より直に各御こしを給し也」

こし‐の‐もの【腰物】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腰物」の解説

こし‐もの【腰物】

刀剣・印籠いんろうなど、腰に帯びる物。こしのもの。
形見とておきて―そのままに返すのみこそさすがなりけれ」〈曽我・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android