コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸溶剤 ちょうようざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腸溶剤
ちょうようざい

胃を通過して腸に入ってから溶解し,中の薬物を放出する薬剤。胃酸で分解しやすかったり,胃を荒らしやすい薬物の場合,胃で薬物を放出する通常の経口剤では,(1) 目的の薬理作用が得られない,(2) 強い副作用が生じる,などの不都合が生じる。これを防ぐため,または腸に高濃度で薬物を到達させるために開発された剤型。胃内では強酸性の環境が,十二指腸に入ると胆汁が分泌されアルカリ側に傾く。腸溶剤の原理は,この水素イオン濃度の差を利用したもの。酸性の環境では安定で,アルカリ性の環境で溶解する皮膜で薬物を覆っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうよう‐ざい〔チヤウヨウ‐〕【腸溶剤】

胃ではなく小腸に入ってから溶解するように作られた製剤腸液で溶ける皮膜で覆ったりカプセルに入れたりする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうようざい【腸溶剤】

酸性の胃液中では崩壊しないで、アルカリ性の腸液中で溶解する薬剤。薬に皮膜を施したり、カプセルをかぶせたりする。腸溶製剤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

腸溶剤の関連キーワード腸溶製剤

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android