コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬理作用 やくりさよう pharmacological action

4件 の用語解説(薬理作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬理作用
やくりさよう
pharmacological action

薬物が生体に及ぼす作用をいう。機能面から分類すると興奮作用と抑制作用,作用範囲からは局所作用と全身作用,選択性の面からは選択作用と一般作用,作用発現の順序からは直接作用と間接作用,治療面からは主作用と副作用とに分けられ,特に生体にとって有害な副作用を薬害反応という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やくり‐さよう【薬理作用】

薬物が生体に生理的な変化をもたらす働き。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やくりさよう【薬理作用】

生体に対する薬の作用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薬理作用
やくりさよう

生体に投与された化学物質が生体の生理作用に変化をもたらしたとき、これを薬理作用といい、薬物が生体に及ぼす作用であり、本来生体がもっている機能を量的に変化させるものである。薬理作用の型式には興奮、抑制、刺激があり、このほかホルモンビタミンなど生体の生理機能上必要な物質の不足している場合に、これを補う補充作用と、病原寄生体に作用する抗感染作用とがある。このうち、興奮作用は特定の器官・組織・細胞の機能を促進あるいは増強することであり、抑制作用を除去することも興奮作用となる。その作用は一般的に可逆的である。抑制作用は特定の器官・組織・細胞の機能を阻止、減弱あるいは低下させることで、この作用も多くは可逆的であるが、持続時間の長いときは機能が低下し、非可逆的となる。このような場合を麻痺(まひ)とよんでいる。刺激作用は、薬物が非特異的に作用して栄養、成長、形態に変化を与えることをいい、炎症、腐食、壊死(えし)などをおこすような場合をいう。一般的にこの作用は、軽度の場合には器官や組織に対して興奮作用となる。
 薬理作用の発現を時間的に考えた場合、直接作用と間接作用、あるいは一次的作用と二次的作用があり、作用の持続時間からは一過性作用と持続性作用に分けられる。また、作用の及ぶ範囲からは局所作用と全身作用に分けられる。さらに、薬理作用は、特定の臓器や器官に現れる選択的作用と、生体細胞一般に作用する一般作用とがある。治療学的には主作用と副作用とに分けられるが、これは目的とする作用を主作用と考えるだけで、いずれも薬理作用である。
 薬物の作用、すなわち薬理作用は、効果細胞の細胞膜の物理化学的性質を変えたり、受容体(レセプター)に薬物が結合することによって現れるが、これを直接作用といい、ある作用によって二次的に現れる作用を間接作用という。時間的に考えた場合に該当する。このほか、細胞内にある酵素系に作用し、その結果として薬理作用の現れる場合もある。薬物の化学構造と薬理作用との間になんらかの関連があることがみいだされ、構造‐活性相関が研究の対象ともなっており、新しい有効な薬物の開発に役だっている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬理作用の関連キーワード軍政作用反作用の法則薬物動態学薬理学及ぼす側圧推及ぼす酸化ストレス環境医学地平面効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薬理作用の関連情報