コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸管の回転異常 ちょうかんのかいてんいじょうmalrotation of the intestines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腸管の回転異常
ちょうかんのかいてんいじょう
malrotation of the intestines

消化管は,発生の初期にはまっすぐな管で,発育とともに臍 (へそ) を中心として時計と反対の方向に回転し,胎生第 10~11週目までに正常な位置に落ち着く。この過程に異常が生じたものを腸管の回転異常という。まったく回転しないもの,回転の不完全なもの,逆回転したもの,総腸管膜症,結腸間膜ヘルニアといわれるものなど,種々の型があるが,比較的まれな疾患である。多くは新生児期に発症するが,乳児期以降になって初めて症状を現すものもある。主症状は嘔吐で,腹部膨満下血もみられる。腸閉塞として診断され,開腹手術によって確認されることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

腸管の回転異常の関連キーワード消化管

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android