コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸間膜動脈硬化症 ちょうかんまくどうみゃくこうかしょうarteriosclerosis of the mesenterial arteries

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腸間膜動脈硬化症
ちょうかんまくどうみゃくこうかしょう
arteriosclerosis of the mesenterial arteries

内臓血管,特に上腸間膜動脈にしばしば認められる硬化症をいう。動脈硬化または血管けいれんのために,主として上行結腸下行結腸に供給される血液量が急激に減少するので,臍部に限局する激しい腹痛,鼓腸,便秘などの症状が起る。疼痛発作は狭心症と似ているため,腹部狭心症とも呼ばれている。発作は数分からときに数時間,持続することもある。発作時には血圧も上昇する。発作の際には,狭心症と同様,亜硝酸アミルニトログリセリンを用いる。日常生活では,過労を避け,精神的安静をはかり,過食を避ける。飲酒や喫煙を禁じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android