コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹水腫瘍(読み)ふくすいしゅよう(英語表記)ascites tumor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹水腫瘍
ふくすいしゅよう
ascites tumor

腹水 (腹腔内にたまった体液) の中に腫瘍細胞が1個ずつばらばら,または数個ずつ島状に集って浮いているという,特別の性格の腫瘍。吉田富三が 1943年にシロネズミにつくった吉田肉腫はその代表例。その腹水ピペットで吸取って,累代移植ができる。また余分の結合組織がないから,純粋の腫瘍細胞として,染色体構成や生化学的研究ができ,制癌剤のスクリーニングテストの材料にすることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android