コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹直筋 ふくちょくきんrectus

翻訳|rectus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹直筋
ふくちょくきん
rectus

胸壁と恥骨との間で腹部の中央にある平たく長い筋肉をいう。肋間神経の支配を受けて,肋間筋と協力して呼吸運動を助け,身体を前方へ曲げる働きをする。この筋肉の左右両側からの筋膜線維が正中線で合し,白線と呼ばれる部位をつくる。白線には血管がほとんどないので,非常に出血の少い開腹場所として,腹部手術の際に利用されている。妊娠を繰返した人,肥満者,腹水や巨大な腹腔内腫瘤などでは白線は伸展して薄くなり,腹圧をかけると腹膜が膨隆し脱出する。これを腹直筋離開といい,広い意味の腹壁ヘルニアといえる。腹直筋離開に対しては,一般に外科手術が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腹直筋
ふくちょくきん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の腹直筋の言及

【筋肉】より

…なお正式ラテン名musculus trapeziusの直訳は,〈四角形の筋〉ということである。
【胸腹部の筋肉】
(図10)
[大胸筋]
 胸部の表層を占める扇形の大きな筋肉で,起始は体の正中線に近く,鎖骨の内側半,胸骨とこれに接する上位肋軟骨,腹直筋鞘より起こり,外方に向けて三角形に集束して,上腕骨の大結節稜に停止する。上肢を内転する(内側に引く)作用があり,上肢を固定すれば,肋骨を挙上して呼吸を助ける(深呼吸のとき)。…

※「腹直筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

腹直筋の関連キーワード胎児性アルコール症候群正中腹壁ヘルニアアウターマッスルデスモイドドローイン乳房再建術内腹斜筋外腹斜筋筋の変異神経痛大胸筋呼吸筋骨格筋腹横筋錐体筋へそ腹診

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腹直筋の関連情報