コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹鳴 フクメイ

3件 の用語解説(腹鳴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふく‐めい【腹鳴】

腹部で聞こえる雑音。腸の内容物とガスや液体の移動によって発する。はらなり。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふくめい【腹鳴 rumbling sound】

腸管内にガスと液体があり,これが腸の蠕動(ぜんどう)に伴って移動すると音を発する。これを腹鳴という。腸内容物が腸管内を通過するときや,正常でも空腹時とか食後に聞かれることがあるが,腸の狭窄がみられる場合に著しい。機械的イレウス(腸閉塞)のような腸管運動の亢進しているとき,消化吸収障害のみられるとき,消化管内出血時等にもしばしばみられる。また過剰の空気をのむ呑気症でも腹鳴が起こる。【福富 久之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくめい【腹鳴】

腸管内のガスと液体が蠕動ぜんどうに伴って移動するときに発する音。グル音。はらなり。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腹鳴の関連情報