コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハク

デジタル大辞泉の解説

はく【膊】[漢字項目]

[音]ハク(呉)(漢)
肩から手首までの部分。うで。かいな。「下膊上膊前膊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【腕】より

…腕はひじ(肘)で折れ曲がりうるので,これを2部に分け,上半を上腕upper arm,下半を前腕forearmという。腕は本来は手首のあたりを意味し,肩と手首との間に対しては〈膊(はく)〉を用いていたが,字がむずかしいので〈腕〉の字を用いるようになった。腕は脚に相当する部分であるが,人間では直立位をとったため脚が体を支え,腕は地面から離れて用を弁じ,仕事をするようになった。…

※「膊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

膊の関連キーワード伯・剥・剝・博・帛・拍・搏・柏・泊・白・箔・粕・膊・舶・薄・迫・魄オニソコホウボウメダマアンコウオイリュトミーミノアンコウアマツバメ目ソコホウボウミン(岷)江ペガスス座デュクレー人体の比例上腕二頭筋キアンコウ肩鎧・肩甲マナティー猿倉人形アンコウ直心影流前腕骨化粧品