膠様癌(読み)こうようがん(英語表記)gelatinous cancer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膠様癌
こうようがん
gelatinous cancer

粘液癌ともいう。癌の病理学上の分類の一種で,円柱上皮癌などの腺癌の癌細胞粘液変性に陥ったもの。この種の癌は胃に多く,直腸などにも認められている。多量の粘液物質を生じた結果,ぶくぶくしていて,にかわあるいはゼリーのようにみえるのでこの名がある。大小の空洞があり,胃壁では2~3cmの厚さに達することが少くない。癌細胞は形がだんだんくずれて,あるものは基質からまったく剥離し,遊離したものは円形となり,原形質中に粘液の球を含んだ印環細胞 (印章を刻した指輪に似ているのでこの名がある) となって,病巣内の粘液状の物質の中に浮んでいる。進行したものは,細胞がまったく破壊されて痕跡をとどめない部分もある。予後は不良である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android