コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膠飴 こうい

1件 の用語解説(膠飴の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

こうい【膠飴】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。米、小麦、粟(あわ)などの粉に麦芽(ばくが)を混ぜて糖化させ、それを煮詰めた水飴状のもの。とくに糯(もち)米が適するとされる。滋養強壮健胃鎮痛鎮咳(ちんがい)などの作用がある。虚弱体質の改善、食欲不振、頭痛に効く黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)、全身疲労、精力減退、身体虚弱児の体質改善に効く小建中湯(しょうけんちゅうとう)胃下垂胃アトニー便秘腹痛に効く大建中湯(だいけんちゅうとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膠飴の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone